自然薯(ジネンジョ)とは?

 自然薯は山芋の仲間です。漢字のとおり山などに自然に生えています。いわゆる山菜の一つですね。“山菜の王者”と言われたりもします。

 自然薯について説明する上で、ひとつ気がかりなことがあります。それは、「長芋と混同されていないか?」ということです。長芋には様々な品種や呼び方があってややこしいので、まずその辺りから説明します。

自然薯と長芋は全くの別物

図1 山芋類の分類

 自然薯は山芋の仲間ですが、一口に山芋といっても色々な種類があります。

 その中で、スーパー等で普通に見かけるのは、円筒形の長芋や大和芋、バチ形のいちょう芋等で、少し高級なものでは球形のつくね芋(関西ではこちらが大和芋と呼ばれます。)があります。自然薯はめったに見かけません。

 さて、これら長芋、大和芋、いちょう芋、つくね芋、自然薯の中で、一つだけ仲間外れがあります。どれだと思いますか?

 答えは、自然薯です。なぜかと言うと、長芋、大和芋、いちょう芋、つくね芋は全て広義の長芋だからです。ここで言う“広義の長芋”とは、植物としての“ナガイモ”という“種(しゅ)”のことです。

 分かりにくいかもしれませんが、“ナガイモ”という1つの種の中に、長芋のグループ、大和芋のグループ、つくね芋のグループなどが含まれているということです(図1)。

 他方で、“自然薯”は、“ナガイモ”とは別の“ヤマノイモ”という種になります。つまり、それだけ自然薯は長芋類と一線を画す“別物”ということです。野生の自然薯を品種改良して長芋にしたわけではないんですね。

 余談ですが、“ヤムイモ”(または“ヤム”)という言葉を聞いたことがないでしょうか?“ヤムイモ”とは山芋の仲間の総称です(特に食用にするものを指して言うことが多いようです。)。ヤムイモと言うと熱帯産のイメージがありますが、自然薯や長芋もヤムイモに含まれます。英語では、自然薯をJapanese yam、長芋をChinese yamと言ったりします。なぜなら、自然薯は日本原産、長芋は中国原産と考えられているからです。ちなみに、図1で登場した大薯(ダイショ)は日本でも栽培されていますが、代表的な熱帯原産のヤムイモです。

 

Copyright(C) 菜楽 All right reserved.